Android 8.0 Oreoの新機能、変更点まとめ

Android 8.0 Oreoが米国時間2017年8月21日にGoogleのAndroid O発表イベントで発表されました。

公式サイトに準じながら、新機能や変更点を随時更新しています。

Android 8.0 Oreoのリリース日

Android 8.0 Oreoは、米国時間2017年8月21日(日本時間8月22日)にAOSP版が公開されました。デバイスへの提供については、通信事業者による試験完了後の近い将来、Googleの「Pixel」「Pixel XL」「Pixel C」「Nexus 6P」「Nexus 5X」「Nexus Player」を対象に開始される予定です。

開発者ビルドを既に受け取っている人は既にインストール可能です。

Android 8.0 Oreoの新機能、変更点

電源投入時の起動時間が2倍高速化

電源を切った状態からの起動にかかる時間が2倍Android Nougatと比べて2倍高速化されました。

バックグラウンドアクティビティの制限

Android Oreoではバックグラウンドアクティビティを最小限に抑えることが出来るようになりました。これにより、動作がスムーズになり、電池の無駄な浪費を抑えることが出来るようになります。

オートフィル機能(アプリ内のフォームに自動入力)

Google Chromeなどのブラウザでは、過去に入力したことのあるIDやパスワードを記憶させて、次回入力時に自動入力させることができますが、新機能ではGoogle Chrome以外のアプリでも自動入力ができるようになります。

現在自動入力に対応しているアプリはまだ少ないですが、対応アプリが増えればAndroidがより便利に使えるようになりそうです。

ピクチャーインピクチャー(PIP)

ビデオチャットやYoutubeの動画などを画面の隅に表示しながら他のアプリを操作したりする機能です。Android Nougatからはマルチウィンドウ(画面を2つに分割)の機能があり、既に2種類のアプリを同時に開き、同時に操作したりできますが、やや複雑な操作なので、ピクチャーインピクチャーのほうが手軽で使いやすいと思います。

通知ドット

アプリからの通知があった際にホーム画面やランチャー内のアイコンに
丸い点を表示して、通知があることを事前に知らせる機能です。

通知ドットをタップすればあらかじめどんな通知があるかを確認できます。
通知ドットに対応しているアプリ(ホームアプリ)でないと通知ドットは表示されませんが、今後、対応アプリも増えると思います。

Google Play Protect

インストールしたアプリだけでなく、Google Playある500億アプリを1日でスキャンすることにより、不正なアプリケーションからデバイスとデータを保護する機能です。

システムの最適化

Android Oreoではバックグラウンドアクティビティの制限だけでなく、システム全体の最適化が行われています、これにより今までよりスムーズなユーザー体験ができるとされています。

Android Oreoの公式サイトでは「あなたが話している、遊んでいる、仕事や動画を見ているかどうかに関わらず、あなたのバッテリーを強く保つ事に対して自信に満ち溢れ、生き生きとしている事を感じれる」と書かれています。

Androidインスタントアプリ(Android Instant Apps)

実際にはAndroid Oreoでなくとも、最新のGoogle Play サービスをインストールしているほとんどのデバイスで機能しています。

これにより、アプリでは出来て、ウェブサイトでは実現ができなかった、決済機能などが軽量なアプリによってウェブサイトのようにアプリを使うことができるようになります。

Copy-Less-Paste(コピーアンドペーストのいらないテキスト選択)

機械学習(AI)を使い、今までコピーするテキストの範囲をしていた動作が長押ししなくても、ダブルタップだけで最適な範囲を選択してくれるようになります。さらに、選択範囲の内容に応じたメニュー(コンテキストメニュー)も表示してくれます。例えば住所をダブルタップすれば「Google Mapで開く」、メールアドレスをダブルタップすれば「Gmailで開く」などのメニューが表示されます。

もちろん全ての機能が日本語にも対応しており、適切に動作します。筆者が動作確認済み。

新しい絵文字

60種類以上の新しい絵文字を追加し、再度デザインしなおした絵文字が使えます。

アダプティブアイコン

今まで各メーカーがホーム画面のアイコンをオリジナルの形や質感をもったアプリのアイコンにするにはさまざまなアプリのアイコンを用意する必要がありました。

アダプティブアイコンではアプリのアイコンの構成を再構築し、メーカーの指定した形に切り出したり(マスキング)したりできるようになり、アプリ本来のアイコンを活用できるようになります。

ディープカラー

カラープロファイルに対応し、より鮮やかな色とより鮮やかなグラデーションでより豊かなビジュアルコンテンツを描画(レンダリング)できるようになります。フルカラーマネージメントをサポートしているため、アプリケーションは意図した形式と品質でイメージを描画できるようになります。