Google、「Android O」正式版公開イベントを8月21日に開催へ

Googleは8月18日(現地時間)、次期Android OSである「Android O」の発表イベントをアメリカで皆既日食が見られる8月21日にニューヨークにて開催すると発表しました。

イベントの様子は日本時間の8月22日午前3時40分(8月21日の深夜)からイベントサイトにてイベントの様子をライブ配信する模様です。

イベントサイトにはNASAのライブ配信と共にGoogleのライブ配信が観れるようになっており、「皆既日食と「Android O」が一体となって地球に甘いスイートをもたらす」とページ上部にキャッチコピーが入っています。

イベントでは「Android O」の機能やリリース日だけでなく、いつも通り「コードネーム」も発表される予定です。コードネームの有力候補はやはり「Oreo」のまま変化はありません。

また、GoogleのAndroid公式ツイッターで公開されたティザー動画では動画のファイル名が「GoogleOreo_Teaser_0817_noDroids(1).mp4」となっており、その後、Googleによりファイル名が「Octopus」と変更されていることからますます、「Android 8.0 Oreo」となる可能性が高まっています。

現行バージョンであるAndroid 7.0 Nougatは2016年8月22日に発表のみが行われ、実際のイベントでは「Pixel」の発表となっていますので、今回ももしかしたら次期Pixelの発表もあるかもしれません。

日本時間の8月22日午前3時40分からのイベントが楽しみです。