スマートフォンメーカーまとめ一覧(2017/08/25更新)

スマホメーカーやブランドが最近だといろいろありますよね。
数年前までは数えられるぐらいしかスマホメーカーが無かったのですが今では覚えきれないくらいあります。
日本ではSIMフリースマートフォン、格安スマートフォン、中華スマートフォンというような名目で海外のスマートフォンメーカーの名前を目にする事が多くなりました。
現在は製造メーカーだけで世界中に1000社以上あるようです。実際は中国のメーカーがその大半を占めています。(特に中国の深センに多くある)
このスマートフォンメーカー一覧は世界中にあるスマートフォンメーカーやブランドの本社の所在地を調べ、国別にまとめ、個人的なイメージ、特徴などを記載しています。
社名変更、買収、親会社情報なども随時更新しています。

SIMフリースマートフォンなどを購入する際に参考にすると日本の誰もが持っていないようなスマートフォンを手に入れることができます(そんな人いないか…)
「メーカー」「ブランド」の種類にも色々ありますし、認識もそれぞれ違うと思いますのでしっかり定義したいと思います

前提

リストに含めるもの

  • FreetelなどのオリジナルのスマートフォンをOEM/ODMなどで開発してもらい販売している会社
  • 自社で完全に開発から製造まで行っている会社
  • 自社で製造は行うが販売はしていない会社(つまりOEM/ODMの先)
  • 上記のいずれかを満たし、スマートフォン(Android、iOS、WindowsなどのOS問わず)、ガラケー(携帯電話と呼ばれるもの)、タブレット、いずれかの製品に関連する会社であること。

リストに含めないもの

  • ドコモやソフトバンクなどの携帯電話を販売、サポートするだけの会社(いわゆるキャリア)
    最近ではドコモやauも独自ブランドのタブレットやスマートフォンも販売しているため、今後、リストに含めるかどうか検討中です。

このページの情報は筆者が独自に調べ、記載している内容があります。無断転載はご遠慮ください。

抜けや新しいメーカーなどがありましたら追加しますので教えていただけると助かります。

更新履歴

  • 2017/07/23 中国、アメリカに新しいメーカーを複数追加しました。
  • 2017/07/14 アメリカに新しいメーカー「RED」を追加しました。
  • 2017/06/09 アメリカに新しいメーカー「Nextbit」「Essential」を追加しました。
  • 2017/01/21 「CAT Phone」「BQ」「vernee」を追加しました。
  • 2016/09/19 アメリカに新しいメーカー「BLU Products」を追加しました。
  • 2016/07/24 中国、アメリカに新しいメーカーを追加しました。

メーカー一覧(国別)

中国

ブランド名 メーカー名 補足
ainol   2010年頃、日本で中華タブレットが流行り出した頃に有名だったタブレットメーカー。代表的な製品はNovoシリーズ。最近では新しい製品を発表していない。
ALCATEL ONETOUCH TCLコミュニケーション フランス発のブランドとして有名。社長もフランス人。スマートフォンにもフランスらしいセンスが溢れている。「IDOL 3」「IDOL 4」「IDOL 5S」「SHINE LITE」などは日本で正式に販売している。ホームページなども日本語化されており、日本進出への意気込みを感じられるメーカーの1つ。親会社はTCLという中国の家電メーカーの完全子会社「TCLコミュニケーション」が設計・開発・販売を行っている。
Blackview   iPhoneにソックリなスマートフォンやタフネススマホなどを販売。
bluboo    
Cagabi   「Cagabi One」というスマートフォンを展開している。GearBest内で低価格なスマートフォンを見かける。
Colorfly Colorful Colorflyシリーズのタブレットで有名。最近は製品を発表していない為、既にAndroid 4.Xなどの古いものしかない。(2017年現在)
Coolpad   Coolpadシリーズで有名。インドで生産しているものもある。
CUBOT    
Doogee Mobile   中華スマホを扱っているECサイトではちょくちょく見かける
Elephoneエレフォン   フラグシップスマートフォンなどを頻繁に発表している。デザインに余計なものが少なく、日本国内でも知っている人も多少居る。ODMで製造。ソフトウェアやカメラの詰めがあまい。
Gionee    
Haierハイアール   日本でも電気屋に行けば必ずHaierの冷蔵庫や洗濯機を見かけるほど有名な世界1位の中国家電最大手メーカー。HaierPhoneを発売している。
HAWEEL   貿易会社。扱っている商品がデジタルデバイスがほとんどで、その中でスマートフォンもオリジナルブランドで販売している。
HOMTOM    
Huaweiファーウェイ Huawei(華為技術) もはやApple、Samsungに続いてスマホのシェアが高い企業として世界的に有名。インドではXiaomiとトップシェア争いをしてる。日本への参入もかなり早い段階から力を入れている為、楽天モバイルで販売しているだけでなく、楽天内にHuaweiのショップをオープンしている。「P8」「P10」「Honor」シリーズで有名。日本習慣に合わせた機能も日本メーカーよりも多く取り入れられている。
JIAKE    
JIAYU    
Kingzoneキングゾーン    
leagoo    
LeEco(旧LeTV) Leshi Mobile 中国でビデオ配信をしている会社だが、スマートフォンも販売している。
CES2016ではQualcomm Snapdragon 820を世界ではじめて搭載したスマートフォンを発売すると発表した。
LeTVというブランド名はビデオ配信サービスというイメージが定着しているため、2016年にスマートフォンのブランド名を「LeEco」に変更した。
Lenovoレノボ   日本ではPCメーカーとしてすっかり有名。代表的なのはVIBEシリーズ。
M-HORSE    
MAZE   3辺ベゼルレススマート「MAZE alpha」を低価格で発売し話題となっている。
MEIZUメイズー   中国ではXiaomiと比較されることが多い。日本では知っている人達の中ではかなり有名なメーカー。CES2017で「Meizu M5S」などを発表している。Androidをベースにした独自の「Flyme 5」を搭載している。
mlais   中華スマホを扱っているECサイトでは稀に販売している。
MOREFINE    
Mpie M FACTION ROYAL
中国名:M派貴族
ほとんどのスマートフォンが1万円以下。
公式ホームページは消滅しているが、GearBestに公式ストアがある。
Neffos TP-LINK GoogleのOnHubなども作っているので最近はある程度話題になっていた。
CES2016で正式にスマートフォン事業への参入を発表。
「Neffos C5L」「Neffos C5」「Neffos C5 Max」を発売予定。
NUU Mobile    
ONDA   タブレットを作っているので良く比較されることが多い。
Onefive Star Digital 2015年10月に日本進出予定でホームページも日本語になっていたが、その後、音沙汰もない。日本用のドメインも失効している。中国では販売を継続している。Onefiveというのはブランド名で運営会社は「Star Digital」。
OnePlusワンプラス   ハイスペックからフラグシップスマートフォンを発表、発売する会社として有名。日本でも多数のメディアが取り上げる。oppoが親会社。
oppo   XiaomiやHuaweiが中国市場でのシェアを広げていくのかと思いきや、昨年2016年は「oppo」がシェアトップに躍り出ている。
ここの元副社長が独立してOnePlusを設立。「OPPO R9s」「OPPO F1 PLUS」などを販売している。
Oukitel Shenzhen Yunji Intelligent Technology Co. Ltd, 液晶に加え背面にE-Inkディスプレイを備える「Oukitel U6」などを開発。
Posh   「POSH MOBILE MICRO X」という端末が超小型のため、日本国内では小型のガジェットの愛好家に人気。
Siswoo    
Smartisan   元Appleのデザイナーを起用しているため、現在のiPhoneよりiPhoneらしいUIを搭載しているスマートフォン。CEOのプレゼンが非常に面白いとして有名。日本への参入が決まっているが、参入の動きがあまりなく、動向に注目。
Teclast   2010年頃、日本でタブレットが流行りだした頃からタブレットメーカーとして有名。
現在もタブレットやPCを発表しており、日本でも販売しているECサイトが多数存在する。
「ONDA」というタブレットメーカーとほぼ同じぐらい人気で似た製品を作っている。
thl    
UHANS    
Uhappy    
Ulefone  

普通のスマートフォンだけでなく、Ulephone Power 2などのバッテリーが数日持つような特徴的なスマートフォンにも力を入れている。SIMフリースマートフォンのメーカーとしては比較的有名。

vernee New-Bund 2016年2月に出来たメーカー。フラグシップスマートフォンなどを発表しており、日本でもある程度の知名度があります。
Vivo    
vkworld    
VOYO Shenzhen Voyo Technologies タブレットやノートパソコンのメーカー
Xiaomiシャオミ   中国スマホメーカーとしてはHuaweiの次に有名。MIUIというiOSに似たAndroidOSを作っていたが、最近では独自の使い勝手などを付加させてXiaomiの強みにしている。フラグシップモデルを単純に発表するのではなく、評価の高いSOC「Snapdragon」を搭載した端末を低価格で販売しているのでたびたびニュースになる。日本への進出は行わないと発表しているため日本のMVNOでの販売などは現時点で行われてない。(Xiaomiが日本の代理店を通して端末を販売することになった 2017/06/07)
YUNTAB   タブレットのメーカー。Amazonで見かけます。Androidのバージョンが古い、公式サイトが閉鎖?中なのでオススメできない。
ZADA Mobile    
ZOPO    
ZTEゼットティーイー ZTE(中興通訊) 日本ではBladeシリーズをMVNOなどで発売している。(gooのスマホ g01,g02,g03,g05など)また、ハイスペックなスマートフォンをnubiaというブランドでも販売している。
ZUK    

台湾

ブランド名 メーカー名 補足
Acerエイサー   ASUSと同じくPCメーカーとして有名です。
主力は「Liquid」シリーズのスマートフォン。一部ハイエンドの端末も存在はするが、日本での販売はされていない。もともと活発に新製品を発表していないため、人気のあるメーカーではない。
ASUSエイスース ASUSTeK もともとPCメーカーやマザーボードメーカーとして有名です。
スマホは「ZenFone」シリーズで有名。Acerとは対象的にスマートフォンにかなり力を入れている印象で、日本でもSIMフリースマートフォンを購入、検討している人は誰もが見たことがあるメーカー。
Coviaコヴィア   FLEAZというブランドで販売している。
HTCエイチティーシー   HT03AというAndroidスマートフォンを日本で最初に発売した会社。日本でのファンも多く、多くのスマートフォンが日本でも発売されている。
King Slide   金属をふんだんに使った高級スマホを開発中 まだ未発売

韓国

ブランド名 メーカー名 補足
Sumsungサムスン   Appleを抜いて現在シェア1位の大手(2017/08/21現在)。Galaxyシリーズが有名。
LGエルジー   日本の各キャリアから発売している。有名なのは「isai」。Googleの「Nexus 5X」の製造も行った。

フィリピン

ブランド名 メーカー名 補足
Cherry Mobileチェリーモバイル   Android Oneのスマートフォンを販売している
MyPhoneマイフォン   Android Oneのスマートフォンを販売している

パキスタン

ブランド名 メーカー名 補足
QMobile    

ベトナム

ブランド名 メーカー名 補足
ABTEL(Q)   パキスタンの「Qmobile」と重複したからか「Q」というブランド名に変わった。

日本

ブランド名 メーカー名 補足
arp キャセイ・トライテック 11800円でメモリ3Gの端末「AS01M」を発売し、話題になっている。
BLUEDOTブルードット   日本では安価なタブレットを販売している。
FREETELフリーテル プラスワン・マーケティング株式会社 すっかり日本ではMNO会社として有名になった。
初期の頃はODMのスマートフォンを販売している感じが強かったが、最近では他社には無いオリジナリティのあるスマートフォンを発売しているためOEMでのスマートフォンを販売していると思われます。
発表のペースも早く、先日「SAMURAI REI」を発表しました。
FRONTIERフロンティア インバースネット株式会社 「FRONTIER FR7101AK」という2017年にしてはハイスペックなスマートフォンを販売している。gooSimsellerでも同じ機種を販売も開始し、1万円安い。
geanee    
NECエヌイーシー   MEDIASシリーズで有名
NUANSニュアンス トリニティ株式会社 デザインにこだわったスマートフォンとして人気。スペックもなかなか良く、Androidを搭載したスマートフォンを最近発売した。
ONKYOオンキョー オンキョーパイオニア株式会社 ハイレゾオーディオが再生できるDACのような見た目の「GRANBEAT」を発売。その他、アメリカのCaterpillarのスマホも代理店として販売している。
Panasonicパナソニック   スマートフォンを作っていたけど日本からは撤退している。現在は海外でタフネススマートフォンなどを販売している。
SHARPシャープ   国内のキャリアで販売するためのAQUOSシリーズだけでなく、Googleが推進しているAndroid Oneの端末が人気となっており、シリーズ化されている。鴻海に買収されているので、役員に外国人も多く、実質的に日本企業では無くなっている。海外でも極細ベゼルのAQUOSシリーズを発表、販売している。
TJC   スマートフォンはそれほど有名ではない。
UPQアップキュー   cerevoが企画、開発を担当。中国のODMで製造した模様。
VAIOバイオ   VAIOというブランドを付加させて高く売っている印象しかない。
カシオ   KDDIを通して京セラのTORQUEへ精神が受け継がれている。
サードウェーブデジノス   スマホを発売している。
ソニー ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia(エクスペリア)が人気。世界的な知名度はあるが、シェアはそれほど高くない。フラグシップスマートフォンもあるが、他社が真似出来ないようなスマートフォンに仕上がっている。
マウスコンピューター   MADOSMAが有名。
メガハウス   Coviaとメガハウスが共同開発した「フェアリシア」というティーン向けのスマートフォンを販売している。既に古い仕様のため、人気も需要も無いと思われる。メガハウスはバンダイナムコの子会社。
京セラ   スマホで有名。
日本での登山ブームもあってか、登山ケータイこと「TORQUE X01」も発表されている。
富士通   arrowsシリーズ、らくらくシリーズで有名。2017年8月に携帯事業を売却する方針を固めた為、まもなく撤退となる予定。

アメリカ

ブランド名 メーカー名 補足
Amazonアマゾン   KindleやFire TVなどはLab126が製造している。
BLU Products   スマートフォンのスペックからして中国製造っぽい。アメリカでも低価格端末メーカーとして認識されていて、2017年に日本で技適取得済みの「GRAND M」「GRAND X LTE」の2機種を発売する。
CAT Phone Caterpillarキャタピラー 重機メーカーで有名なキャラピラー
CellAllure    
COBY   スマートフォンなども販売しています。
CRBT   Microsoftに買収されてからはLumiaシリーズを作っている
Dellデル   Nokiaが担当
DragonTouchドラゴンタッチ TabletExpress タブレットの製造元及び代理店である「TabletExpress」のタブレットブランドが「DragonTouch」。Amazonで低価格なタブレット「Doragon Touch」を販売している。日本でも購入可能。
Essentialエッセンシャル   Androidの生みの親であるAndy Rubin氏の新会社。極細ベゼルのEssential Phoneを発表し、話題となっている。
Googleグーグル   Nexusシリーズを販売。現在はPixelシリーズを販売している。どの端末もAndroidと相性が良く、Googleのサービスとの相性も良いため、一部の人に人気。製造はHTCやLGやHuaweiが担当。
iRULU USA111 タブレットなどを販売している。既にAndroidのバージョンが古いため、新製品は発表していない。製造をしている会社が運営しているブランド。
LY   「Siam 7x」がOukitelの「Oukitel U6」とソックリのため、製造元が深圳市賀祥電子という同じODMのためと思われる。
Lab126   Amazonの子会社。Amazon Kindle、Amazon Dash Button、Amazon Echoなどは全てこの会社が設計している。
Microsoftマイクロソフト    
Motorolaモトローラ   アメリカでデザイン・設計、中国で製造している。
Nextbitネクストビット Razer Nextbit Robinというデザインに優れ、クラウドストレージ付きのスマートフォンを発売していたが、現在は製造中止で販売だけ継続されている。低価格にも関わらず、発売開始当日はハイスペックに該当するほどで、未だにバージョンアップが未だに行われている。Nextbitという会社はRazerというゲームデベロッパーに買収されている。
Nokiaノキア   フィーチャーフォンが人気だった頃には日本でもドコモから販売されていたりしていたため、ある程度知名度があった。最近はほとんど見かけないメーカーだが、TCLにAlcatelのブランドを提供していたり、2017年には「Nokia 3」「Nokia 5」などの新しいスマートフォンを発表している。
Polaroidポラロイド   スマートフォンを発売している。
Que    
RED   プロ用カメラメーカーだがホログラフィックを表示できるディスプレイを搭載したスマートフォン「Hydrogen」を発表した。
Sonim Technologies   スマホなどを製造。

カナダ

ブランド名 メーカー名 補足
BlackBerryブラックベリー   スマートフォンを作っている会社。
最近ではAndroidを搭載したBlackBerry Privという製品も発表した。
TCLにブランド名の使用をライセンスしている為、TCLからもBlackBerryという名前を使った端末が出ている。
DataWindデータウィンド    

ロシア

ブランド名 メーカー名 補足
YotaPhone   背面にもディスプレイを搭載したYotaPhoneが有名。

フランス

ブランド名 メーカー名 補足
ARCHOS    
Wiko    

スペイン

ブランド名 メーカー名 補足
BQ   Ubuntuフォンなどを作っている。

12 Replies to “スマートフォンメーカーまとめ一覧(2017/08/25更新)”

    1. コメントありがとうございます。
      「M派皇族」について色々調べてみましたら、英語名:MpieというメーカーでしたのでMpieの項目に追記させていただきました。

  1. どうも。dorasukeです。
    また気になるブランドを発見しましたので、ご報告しておきます。
    HAWEEL
    http://www.haweel.com/
    スマホ自体は格安のものが数点、あとはアクセサリ類も自社でたくさん出しているようです。
    COBY
    http://cobyjapan.com/
    本社アメリカ、工場中国で、
    日本法人もある模様。

    1. ご報告ありがとうございます。
      さっそく追加させていただきました。
      中国・アメリカ それぞれに追加しました。まだまだ掘り出し物のようなメーカーがたくさんありそうですね。

  2. スペインにはBQと言う「Aquaris」と言うスマホを作る会社があります。

  3. 私の愛機が無かったので
    ブランド名:CAT Phone
    作ってるの:スマホ,フィーチャーフォン両方あり
    メーカ  :Caterpillar(重機メーカ)
    特徴   :質実剛健なデバイス作り
    国    :アメリカ
    現行品  :CAT S60
    S60の特徴 :FLIRのサーモカメラ付き

    1. アメリカはタフネススマートフォンの会社がいくつかありますね。リストに追加させて頂きました。

Comments are closed.