Elephone P9000のroot取得方法

  • このページは下記の公式フォーラムに書かれているElephone P9000とElephone P9000 Liteのroot化方法をわかりやすく翻訳し加筆したものです。

必要なもの

Elephone P9000またはElephone P9000 Lite本体
作業するためのPC
本体と一緒に付属していたUSBケーブル(市販のものでも可能ですが、認識されないものもあります。)

手順

ここから先は実際の作業です。
参考にする場合はくれぐれも自己責任でお願いします。万が一、端末が正常に作動しなくなっても当方は一切責任を負いません。
  1. ドライバーをダウンロードしてインストールします。https://mega.co.nz/#!55BQkKiR!OPBrnj7SXxsUbuchAjV8orT9SMAOMpbDesYTMO2DDHYSP flash toolをダウンロードします。https://mega.nz/#!ixdnhDLK!oOaAsJrcvJI0vH3fTsUOYjtDxQ_HT61E-_iuo6fTuKk
  2. 下記のリンクからダウンロードします。ダウンロードしたファイルの場所は覚えておいてください。このチュートリアルではデスクトップを使用します。https://mega.nz/#!mh8UxBpY!yjrvKqtxP6VUQKfe-cunpKhCWZUE_vo0jP88wpLiFBA
  3. ダウンロードしたファイルを展開します。
  4. 「superSU_1.zip」と「superSU_2.zip」をSDカードに入れます。
  5. Elephone P9000 の電源を切ってSDカードを入れます。
  6. SPFlashToolを起動します。
  7. 「scatter-loading」というボタンをクリックして
    「p9000-recovery」というフォルダの中にある「MT6755_Android_scatter.txt」を指定します。
  8. 「Download」ボタンをクリックします。
  9. 本体(Elephone P9000 、Elephone P9000 Lite)とPCを純正のUSBケーブルで繋ぎます。
    うまくPCが本体を認識できるとリカバリーソフトがインストールされ、下記の画像のような画面になります。ウィンドウはxマークで閉じちゃって大丈夫です。
  10. 端末は電源は消した状態のまま状態で
    端末と「電源」ボタンと「ボリューム+」ボタンを長押しします。
  11. 少しすると画面が変わるので、
    「recovery mode」を選択して決定します。
    「ボリューム+」ボタンで選択
    「電源」ボタンで決定
  12. 画面が変わります。

    この画面がリカバリーツールのホーム画面です。色々な作業ができる画面なのですが、今回はroot化の手順だけですので詳しくは説明しません。
  13. 「Install」をタップ
  14. SDカード内に入れた「supersu_1.zip」「supersu_2.zip」を探します。

  15. ファイルを見つけたら「supersu_1.zip」をタップ画面に表示されるロック解除みたいな表示をスワイプするとインストールされます。
  16. ホームボタンをタップしてホーム画面に戻ります。
  17. 「supersu_2.zip」をタップ
    画面に表示されるロック解除みたいな表示をスワイプするとインストールされます。
  18. 「Reboot System」をタップします。
    端末が再起動されAndroidが起動します。
    1. アプリのドロワー(ホーム画面からアプリ一覧)からSuperSUを見つけて普通に起動できればOKです。アプリが見つからなかったり、起動しても「root権限がありません」みたいな表示が出ていたら失敗しています。

One Reply to “Elephone P9000のroot取得方法”

  1. はじめまして。
    本日P9000を買い、custom rom導入までを目標としKAKUYOさんを参考に現在取り組んでおります。
    現在工程10番までさしかかったのですが、うまく認識してもらえないためか下記の画像のような画面(Download ok)が表示されません。
    デバッグ用のドライバをPCに入れようとした際も、デバイスマネージャーに不明なデバイスとして表示されなかったのですが、ケーブルの問題でしょうか。付属の純正のを使っていますが、接続が緩い気はします。(PCにつなぐと本体は充電されます。)
    ご教授いただけたら幸いです。

Comments are closed.