Androidのカスタマイズ build.propの各パラメーターについて

f:id:kakuyo_blog:20160127032117p:plain

Andoroidのカスタマイズ方法は色々ありますが、中でもbuild.propを編集する方法はAndroidの動作を様々に変更できるので覚えておいて損はありません。

今回はbuild.propの編集方法と各パラメーターの意味を紹介したいと思います。

build.propの編集方法

build.propはAndroidを動かすための重要な設定ファイルであるため、通常はbuild.propを編集したりすることはできません。

よって編集にはAndroidのある程度の知識が必要な上、最新の注意を払って編集する必要があります。

万が一、編集をうまくいかず、Androidが起動しなくなっても当サイトは責任を負いません。自己責任でお願い致します。

各パラメーターの説明

#カメラシャッター音無音化(0=無音 1=音あり)
#カメラシャッター音無音化にするだけでなく、スクリーンショットの音も無音になります。端末によってはこの機能は動作しないか、カメラアプリの方の無音にするためのスイッチが表示されるだけの場合があります。
ro.camera.sound.forced=0

#テザリングメニュー有効化(false=メニュー表示 true=メニュー非表示)
ro.tether.denied=false

#画面スクロール高速化
ro.max.fling_velocity=12000

ro.min.fling_velocity=8000
windowsmgr.max_events_per_sec=150

#通話終了後のブラック画面を早めに終了(近接センサーディレイの調整)
ro.lge.proximity.delay=25

#通話終了画面の表示を早く出す
mot.proximity.delay=25

#着信から着信音の鳴り出しを早く
ro.telephony.call_ring.delay=0

#アイドル時に低電力モード有効化(省電力に貢献)
ro.ril.disable.power.collapse=1

#パワーモード省電力有効化(CPUスリープで省電力に貢献)
pm.sleep_mode=1

#wifiスキャン間隔を長めにする(省電力に貢献)
wifi.supplicant_scan_interval=180

#アプリを早く読み込み、メモリの空き容量を多く
dalvik.vm.dexopt-flags=m=v,o=y

#ナビゲーションバー、オンスクリーンボタンの表示非表示(0=表示 1=非表示)
qemu.hw.mainkeys=0

#解像度に対する比重(Density)の変更(任意の数字)
#変更するとAndroidタブレットモードにしたりできる
ro.sf.lcd_density=240

#ボリュームキーでスリープ解除
ro.config.hwfeature_wakeupkey=1

#USBデバッグ時の通知の表示非表示(0=非表示 1=表示)
persist.adb.notify=0

#ブートアニメーションの表示非表示(0=表示 1=非表示)
debug.sf.nobootanimation=1

 

 

 

 

#デバイス関連情報
#デバイス関連情報は他のデバイスの情報に書き換えることでデバイスを偽装できます。

#モデル名

ro.product.model=Nexus 7

#ブランド

ro.product.brand=google

#その他のデバイス情報

ro.product.name=nakasi

ro.product.device=grouper

#製造元

ro.product.manufacturer=asus

ro.build.description=nakasi-user 4.1.1 JRO03S 444012 release-keys

#端末識別情報(指紋)

ro.build.fingerprint=google/nakasi/grouper:4.1.1/JRO03S/444012:user/release-keys