Android 6.0の隠し機能「システムUI調整ツール」の使い方

Android 6.0 Marshmallowには、隠し機能として「システムUI調整ツール」があります。これを使うと通常変更することができないクイック設定画面やステータスバーのアイコン表示をカスタマイズすることが可能です。

以前、紹介したバッテリー表示にパーセント表示を追加する方法だとアプリをインストールしないと隠し機能が有効になりませんでしたが、Android 6.0 Marshmallowからは標準で隠し機能が有効にできるようになり、さらに詳細に便利にカスタマイズできるようになっているので、今回は「システムUI調整ツール」を有効にする方法を紹介したいと思います。

システムUI調整ツールを有効/無効の方法

有効にする方法

システムUI調整ツールを利用するには、Android 6.0 Marshmallowのインストールが必要です。現在はNexus 5X、Nexus 6P、Nexus 5、Nexus 6などAndroid 6.0 Marshmallowを搭載した端末が限られていますが、今後、Android 6.0 Marshmallowを搭載した端末が発売されれば、それらの端末でも同様の手順で有効にすることができます。

画面の上からスワイプをして、クイック設定画面を表示します。

最上段、右から2番目の設定アイコン(歯車)を「ロングタップ」します。
指で画面を押さえているのでわかりづらいのですが、しばらくタップしていると歯車がゆっくり回転し始め、どんどん加速していきます。

回転している状態で指を離すと「システムUI調整ツールを設定に追加しました」というメッセージが表示され、設定画面に切り替わります。

画面を一番下までスクロールすると「システムUI調整ツール」が追加されているのでタップするとシステムUI調整ツールの画面になります。

無効にする方法

有効にした時と逆の手順を踏めば無効にできます。

画面の上からスワイプをして、クイック設定画面を表示します。

最上段、右から2番目の設定アイコン(歯車)を「ロングタップ」します。
指で画面を押さえているのでわかりづらいのですが、しばらくタップしていると歯車がゆっくり回転し始め、どんどん加速していきます。

回転している状態で指を離すとダイアログが表示されます。

「削除」をタップすると「システムUI調整ツール」で行った全てのカスタマイズが無効になります。

システムUI調整ツールの内容

システムUI調整ツールには通常は変更できないようなカスタマイズ項目がいくつか存在します。

クイック設定

「クイック設定」では「クイック設定」の並びを変えたり項目を削除したりできます。

たとえばWi-Fiのみで使うような端末では「モバイルデータ」のボタンは不要ですので、そのボタンを削除したりしてスッキリさせることができます。

ステータスバー

「ステータスバー」ではステータスバーに表示されるアイコンを非表示にしたりできます。Wi-Fi運用のため、モバイルデータ(携帯の電波アイコン)が邪魔なときに非表示にしたりすると便利です。

内蔵電池の残量の割合を表示する

「内蔵電池の残量の割合を表示する」はその名の通り、ステータスバーのバッテリーアイコンに残量のパーセント表示を追加できます。以前ご紹介したAndroid 4.X~5.Xでやる方法よりこちらのほうが断然簡単です。ONにしておいて不便はないのでONにしちゃいましょう。

デモモード

「デモモード」は特に有効にしてもメリットはないので、省略します。